Skip to content

文章保管で見落としがちなこと

よくあるがちな間違いというものは文書保管にもあります。

書類の保管期間の間違い、整理したはずの書類が分類されていないといったことがあります。

これは自社で保管しているとよくあることです。

文書保管サービスを利用してみましょう。

文章保管サービスの中には保管だけというものがあり、現在預けている書類の出し入れができないところがあります。

事前にどういうサービスであるかチェックしておきましょう。

利用料が安いという基準で決めてしまうと、後々になって後悔することになります。

文章の保管から期限切れになった書類の破棄まで、さらに紙情報を電子化してくれるサービスをやってくれるところもあります。

電子化してしまえば、自社で管理がしやすくなります。

さらに、紙資料とは違って場所を取るのはパソコンのHDDや記録メディアです。

文章保管サービスをやっている企業は、紙情報を電子化するサービスをやっていることがあります。

利用料金が安い企業では保管しかやっていないこともあるので注意してください。