Skip to content

確認してからサービスを受けよう

どういったサービスなのかを知らないで利用することをする人はいないでしょう。

どういったサービス内容になっているかを知ることで利用しますね。

詳しい内容も知らず、友人に紹介されたサービスだから問題ないと思って利用してみると思っていたものとは違うことがあります。

文書保管サービスには、保管だけをやっている企業、文書の保管から期限切れになった書類の破棄をやっている企業にはそれぞれ特徴があります。

保管だけのサービスは利用料が非常に安いのですが、期限の切れた書類を自社で何とかしなくてはいけません。

文書保管から破棄をやっている企業では、現在預けている書類の管理をやっています。

必要となった書類を保管している倉庫から出すことができますし、パソコンがあれば画像でどういった書類なのかを確認することができます。

至れり尽くせりのサービスとはこのことです。

コストを考えると保管だけのサービスよりは高いです。

紙資料だけではなく、記録メディア、フィルムといった紙以外の記録情報を保管してくれるところもあります。