Skip to content

絶対に注意して欲しいこと

どんなにいいサービスでも注意してもらいたいことがあります。

文書保管サービスにも幾つか注意してほしいことがあります。

企業によって注意してほしいことは異なります。

保管できる書類を入れるボックスには収納限界があります。

1ボックスで預かってもらうときは無理に詰め込まないようにしましょう。

企業によっては細かく収納できるところもあります。

文書保管をしてもらうならある程度の見通しを考えておくといいかもしれません。

今後も預かって欲しい書類が増える可能性がある場合は、別の企業に管理してもらうと面倒なことになるので、管理してもらう企業は一社に絞りましょう。

保存している箱の開封はできるところと出来ないところがあります。

例外としては預かっている書類の箱に異常があった場合は開封されます。

期限が切れた文章を破棄するときに立ち合うことができません。

破棄されたという証明書を発行しています。

書籍以外は預かってくれない企業はあります。

メディアやマイクロフィルムを預かってくれる企業の場合では、利用料が少々高くなるので注意してください。