Skip to content

文書保管サービスを比較

文書保管サービスを比較

同じジャンルの仕事を企業ごとに比較してみると、どの企業なら自分にとっていいところなのかを比べることができます。

文書保管サービスをやっている企業は多く、一度比較してみることである程度は的を絞って探せることができます。

比較してみると意外なことが分かりました。

文書保管サービスをやっている企業の多くは関東県内が対応エリアとなっているのです。

全国対応エリアというところはありません。

サービス内容はどの企業も同じような内容となっており、記録メディアやマイクロフィルムといった紙以外の情報を保管することができます。

比較する点は、セキュルテイ、料金、管理システムの三つです。

セキュルテイレベルが高い企業では保管料が高くなってしまいます。

管理システムは企業ことに違うので、どういったシステムとなっていかを第一に探してみるといいでしょう。

セキュルテイを第一に考えてもいいですが、使い勝手の悪い管理システムでは必要となった書類の検索が面倒です。

人によって使いやすいと思っていても、別の人が使えば使い辛いシステムであることもあります。

会社の文章保管期間はどのぐらい?

会社で扱っている文書保管は期限があります。

書類によって期間が異なります。

会議資料では、総会議事録10年、委員会議事録5年、その他の会議書類3年となっています。

同じ分類の書類であっても文章保管期間に違いがあります。

永久に保管期限が設けられている書類もあります。

こういった管理を一つ一つやっていくことは難しいです。

文書保管サービスをやっている企業では保管期限のことを気にしなくても良くなります。

期限が切れたら次の資源になるためにリサイクルされます。

自社で書類ごとの保管管理をしていくことは難しいです。

管理してくれる企業に保管してもらえれば、別の仕事をすることができます。

保管期限が切れた書類がリサイクルされたら、破棄された書類はどういったものかを知らせてくれます。

保管期限が永久となっているものは保管してくれないことはありません。

賢く使おう便利な文書保管

企業で扱っている書類のほとんどは保管してくれます。

必要となった書類はいつでも保管庫から取り出すこともできます。

預けている書類を使わないこともありますが、次の機会に使うという書類もあります。

Categories: .